クルーズアドバイザー第1号としてクルーズ販売のプロフェッショナルです!(2008年12月更新済み)

 世界中でいま、1000万人以上の人々が楽しむ船旅クルーズ。。。。
 今後、高齢化社会の進行や経済の成熟化に伴い、余暇を楽しむ層が増えて来ると予想される中、昨年11月にクルーズアドバイザー認定委員会(日本外航客船協会、日本旅行業協会、日本船旅業協会)により第1回「クルーズ・コンサルタント(C.C)」資格認定研修及び同試験を東京・大阪において実施されました。
 沖縄を除く全都道府県より両会場で441名が受験しそのうち271名が合格、クルーズアドバイザー第1号としてのクルーズ販売のプロフェッショナルのひとりとなることが出来ました。。
 この認定制度は、主に旅行会社の一般旅行業務取扱主任者を対象に、消費者の皆様にクルーズの魅力を伝える専門スタッフとしてクルーズ商品を十分説明できる知識を備え、素晴らしい船旅コーディネートのスペシャリストを養成するものであり、まずは船に乗る事自体が旅行の目的の一つになり、船内では、レジャーや滞在、洋上ライフが存分に楽しめる豪華設備、空間が備わり、いたせり尽くせりのサービスはもとより、一流ホテル並みの料理なども味わうことが出来ることなど、単なる輸送機関の延長ではないことを知って頂くことも目的のひとつです。
 「クルーズ旅行の代金は高額だと思われがちですが、乗船してから下船するまで食事・ショーなどの費用が一切含まれる「オール・インクルーシブ」で個人的消費(アルコール類など)以外、一切お金はかかりません。「船酔い」「退屈」「高価」「服装」「等級差」のクルーズ五大不安要素を解消し、より多くの皆様にクルーズの楽しさと醍醐味を伝えて行きたいと思います。」

認定証 日本のクルーズ客船
close